1. ホーム
  2. フラッグ(旗)

フラッグ(旗)

フラッグ(旗)

和風のお店が主流でしたが最近では洋風な雰囲気のお店でのご利用も多くなってきております。日除け暖簾とも呼ばれていることからわかるように、江戸時代から伝わる日本古来の看板ツールといえるでしょう。

また、風を受けると太鼓のように大きなパッーンと音がすることから太鼓暖簾とも呼ばれていたそうです。上は暖簾のように竹などに通し、下は紐を張って下に石や砂を入れた砂袋を重石として置きピンと張った状態を保ってました。風情のある一品。

  • 初めての方へ
  • 素材と形状について
  • お見積もりはこちらから

フラッグの一般的用途

企業やサークルなど、団体のシンボルとして

本社のポールに揚々と掲げられたオリジナルの社旗やチーム旗。社員の心をひとつにするシンボルとして製作されています。

また近年では激安価格にて作成ができるようになったため、自前でオリジナルフラッグを印刷する学生サークル等も増加しています。

スポーツの応援用として

例えばサッカーの日本代表戦。日の丸がプリントされた国旗を持って応援されている方をよく見かけますよね。新年の風物詩、箱根駅伝でも沿道に沢山の応援旗を持ったファンが集まります。このようにスポーツ応援のシーンでフラッグは欠かせないものです。

災害など有事の際の目印として

先の震災の際もフラッグは活用されました。慌てる人々を安心させてくれる避難誘導旗や、災害現場で活動する企業の目印となる社旗などがひとつの例です。

意識の高まりや格安で制作できるようになっていることが後押しし、作成される企業様も増加しています。

その他の商品

ページトップへ